アルバイ党

 

一歳の娘とパパとの関係

うちには一歳の女の子がいます。
結婚4年目にしてできた待望の子供だったためパパはメロメロ。
毎日仕事を早く着る上げて、まっすぐ家に帰ってきてくれます。

 

娘もそんなパパが大好きなのですが、一歳の誕生日が過ぎた頃から急にパパ嫌!をするようになりました。
抱っこもパパは嫌、遊ぶのもパパは嫌!そんな態度に主人はかなり落ち込みました。
主人は娘が産まれた頃から「いつかパパ嫌い!あっちいけって言うようになるのかなぁ、嫌だなぁ」を笑っていたのですが、
まさかこんなに早く嫌がられる日が来るとは思っていなかったようで、嫌!をされた日はすごく落ち込みます。

 

毎朝の行ってきますのチューも、以前はニコニコで応じていたのに最近はぷい!っと顔を背けます。
しかし、チュー嫌!が続いたある朝、いつものように玄関まで見送りに行った娘に、
どうせ嫌がられるからとキスをせずに出ていこうとしたところ、娘が「ぎゃー!」と泣いて暴れだしたのです。
うちの子はあまり泣かない子で、今までこんなふうに泣いたことがなかった為すごく驚きました。
泣いた原因が分からず、結局その日はそのまま仕事に行ったのですが、翌日もまた同じことがおきました。

 

どうやら娘はチューを嫌がって困ったり落ち込んでいるパパを見て楽しんでいたようです。
それが分かってからは、毎日嫌がられながらもチューを試みて仕事に行きます。
こんな小さいのにパパを翻弄する小悪魔な娘が、将来どんな風になるのか少し怖いけど楽しみです。


今日のご飯は焼きそば

焼きそば大好き。インスタントでもいいし、屋台で買うのもお店で食べるのも好き。ソース焼きそばが大好き。
今日は野菜を切って付属のソースと炒める焼きそばを食べる。
付属の粉ソースはとっておいて、別に買った液体ソースを使う。粉ソースは野菜炒めに使うと美味しい。
この液体ソース、目盛りが付いていて、その目盛り通りに使うべきだと思うのだけど
その通りにすると家族にはしょっぱいらしい。私はなんでも目盛り通りにしたいからすこしフラストレーションが溜まる。
と言いつつ私は目盛りより多目にソースを注ぐ。しょっぱければしょっぱいほど美味しい…は、ちょっと言い過ぎた。
味は濃いのが好きだからだ。ソースが少なく感じたら、出来上がった後からでも上からソースをかけて食べる。それはそれで美味しい。
喉が渇いて水をガブ飲みする羽目にはなるけど、後悔はしない。

 

私の住む北海道でのみ販売されるカップ焼きそばには、中華スープが付いていて、
普通なら捨てるところの焼きそばを戻したお湯、これをカップに注いで中華スープの粉を入れて混ぜて飲む。
でもこの中華スープはコショウが効いていて、私には少々辛い。しかも猫舌なのでなかなかいい感じに楽しめない。
そこで、中華スープの粉を中華スープとしてではなく、出来上がった焼きそばの味を濃くする要素として上からかけて混ぜる。
焼きそばの味がちょっと薄いな…と思っていたのでちょうどいい。味が濃く、しょっぱくなって私好みになる。
そして喉が乾いて水をガブ飲みする羽目になる。が、後悔はしない。